ごあいさつ

【公式】相模原で税金対策をお考えの方(法人・個人)は【お金の専門家】に相談を~法人の節税対策は「しくみ」作りから!~

相模原で税金対策にお悩みなら~法人・個人いずれのご相談も対応可能~

相模原で税金対策にお悩みなら~法人・個人いずれのご相談も対応可能~

相模原税金対策にお悩みでしたら、【お金の専門家】にご連絡ください。相模原や町田で税金対策や生命保険などのご相談を、法人・個人問わず承っています。

金融業界に精通しており、弁護士・社労士・税理士・司法書士・行政書士などの専門家と提携していますので、幅広く対応可能です。

相模原で税金対策の相談をしたい方は【お金の専門家】へ

相模原で税金対策の相談をしたい方は【お金の専門家】へ

相模原で税金対策の相談をしたい方は、【お金の専門家】にお任せください。難しい話をシンプルに伝えるように心がけており、これまで利用してくださったお客様からは「分かりやすい」とお褒めの言葉を頂戴しています。

税金対策のプロがそれぞれに合った方法をお教えしますので、何でもご質問ください。

法人の節税対策は「しくみ」作りから!

法人に限らず、個人事業者様なども含めて税金対策は重要です。減らせるところは少しでも減らすことで、結果的に会社の利益に繋がります。しかし実際には「どのような節税方法があるのか」「どこに相談に行けばよいのか」などの悩みをお持ちの経営者様も多いと思います。

そんな方に、節税対策のポイントについて簡単にご紹介します。まず節税の目的については、「恒久的に効果のある節税対策を行いたい場合」と「今期の決算に間に合わせたい場合(一時的な節税対策)」があると思います。恒久的な節税対策については、会社の「しくみ」として普段から実施しておく必要があります。
例えば決算時、その年度内で受けたサービス等について翌年度に支払いをした場合、その年度では「損金」として出てこないため、それだけ課税額は高くなります。決算時の未払い金などのチェックを、毎回行うしくみを作っておくことが必要です。

これに対して一時的な税金対策として大きいものは、固定資産の見直しと棚卸しです。不要な固定資産は課税対象となるため、早めに手放すことが必要です。そのときに帳簿上の金額よりも低い金額で売却すれば「売却損」として損金に繰り入れることができます。
棚卸しの場合も、売れ残った商品など原価以下で売った場合は差額分が計上でき、さらにそれでも売れ残ったものを廃棄すると、これも「廃棄損」として計上できるのです。年1回は棚卸しをして不要なものを処分すれば、不要在庫を抱えなくなるばかりでなく、節税対策にもなるのです。

以上のように、節税はさまざまなところで実践できる余地があります。この他にも節税対象となるものがないか、専門家にご相談ください。

お役立ちコラム

相模原で税金対策にお困りなら【お金の専門家】にお任せください

名前 ファイナンシャルプランナー研究会
住所 〒252-0233 神奈川県 相模原市中央区鹿沼台1丁目 1-15-1F セレブ淵野辺
電話番号 042-704-9625
URL http://welcomefp.com